制裁が厳しくなるにつれて、ロシアは暗号通貨資産税を緩和します

制裁が厳しくなるにつれて、ロシアは暗号通貨資産税を緩和します

  • 提案された法案は、ローカル暗号通貨業界のVATを35%削減します。
  • 経済制裁に対応して、ロシアは暗号通貨のより多くの使用を促進しています。
  • ウクライナでの戦争の開始以来、暗号通貨の価値は46%減少しました。

ここ数ヶ月、ロシアはウクライナとの戦争後、西側の制裁によって大きな打撃を受けています。これらの制裁は、ロシアの企業が他の国と取引することを困難にしました。その結果、ロシアは デジタル資産に目を向ける その事業が運営し続けるのを助けるために。

デジタル資産の使用により、ロシアの企業は制裁によって課せられた財政的制限を回避することができます。さらに、デジタル資産は、従来の金融資産と同じレベルの規制の対象ではありません。これにより、高額なコンプライアンス料金を回避しようとしているロシアの企業にとって、より魅力的なオプションになります。

デジタル資産を使用することの利点にもかかわらず、このアプローチに関連するいくつかのリスクがあります。たとえば、デジタル資産は多くの場合、従来の金融資産よりも不安定です。これは、収益を保護しようとしている企業にとって、安定性の低い投資オプションになる可能性があります。さらに、デジタル資産はまだ比較的新しく、現実の世界ではほとんどテストされていません。これは、将来発生する可能性のある予期しない問題や問題の可能性があることを意味します。

ロシア政府は、デジタル資産に対する付加価値税(VAT)を変更することにより、自国により多くのビジネスを引き付けることを目指しています。ロシアにある取引所の場合、VATは最初の500万ルーブルで年間20%から13%に引き下げられます。

これは、ロシアの暗号業界内でより多くの活動を促進し、より多くの交換ビジネスを引き込むのに役立つはずです。ロシア国外でデジタル資産取引を行う企業には、15%VATが引き続き適用されます。この変更を行うことにより、ロシア政府は、暗号業界を支援しており、その境界内での成長を支援したいと考えていることを示しています。

これは大歓迎です ニュース イノベーションに敵対することが多い規制環境に足を踏み入れるのに苦労しているロシアのデジタル資産業界に。新しいVAT率は、企業がロシアで事業を行うことをより魅力的にし、セクターの成長を促進するのに役立つはずです。

ロシア政府は、ここ数ヶ月、デジタル資産スペースを合法化および規制するための措置を講じています。 4月、ウラジーミルプチン大統領は、デジタル資産を定義し、その発行と流通を規制する法案に署名しました。この法案はまた、デジタル資産は支払い手段として使用できるが、法定通貨としては使用できないと規定しています。

これらの進展は、ロシア政府が徐々にデジタル資産にウォーミングアップし、それらの発展を支援する方法を模索していることを示唆しています。新しいVAT率はこの方向への前向きな一歩であり、今後数年間でロシアで業界がどのように発展するかを見るのは興味深いでしょう。

バリネムペネ 確認済み

Barry Peneは、厳格なブロックチェーンリサーチ/コピーライターです。バリーは2017年から暗号を取引しており、ブロックチェーン業界を正しい台座に置く問題に投資してきました。バリーの研究の専門知識は、破壊的技術、DeFi、NFT、Web3、および暗号通貨マイニングのエネルギー消費レベルの削減として、ブロックチェーンを横断します。

最新ニュース