摂氏

元摂氏の従業員が破産につながった会社の問題について話します

  • 元セルシウスの従業員は、暗号通貨の貸し手である摂氏が暴走した理由について話しました
  • 彼は、過去の混乱、不十分なリスク管理、および相場操縦の疑いが破産の理由であると述べました

ニュージャージーに本拠を置く暗号通貨の貸し手であるセルシウスネットワークの問題は、会社が公に問題を宣言して破産を申請する前に悩まされてきました。 A 報告 CNBCによると、暗号通貨貸付会社は、元従業員と内部文書を引用して、最近の災害につながる一連の内部の失敗を目撃したことを明らかにしています。 

レポートは、セルシウスネットワークの過去の混乱、不十分なリスク管理、および相場操縦の疑いについて話した数人の従業員を引用しました。同社の元金融犯罪コンプライアンス担当ディレクターであるティモシー・クレードル氏は、最大の問題はリスク管理の失敗であると述べた。

「摂氏は良い考えを持っていたと思います。彼らは人々が本当に必要としているサービスを提供していましたが、リスクをうまく管理していませんでした。」

彼が追加した

特に、6月12日、問題を抱えた会社は、「極端な市況」を理由に、プラットフォームでのユーザーの撤退の停止を発表しました。ユーザーを惹きつけた最も重要な要因は、暗号通貨の預金に対する17%の利回りの約束でした。

ただし、内部文書によると、Celsiusは、他のリスクの高い暗号プロジェクトに投資するとともに、ヘッジファンドにユーザー資金を貸し出すことで、さらに高い利回りを獲得することを計画しています。同社は後で、利益の背後にあるリスクの高い戦略を顧客に許可せずに、これらの利益を顧客と分割しました。しかし、暗号市場が崩壊したとき、モデルは崩壊し、会社は資産を凍結し、破産を申請しました。

クレードル氏は、過去に3人のコンプライアンスチームの一員であったにもかかわらず、リソースの制限により、セルシウスネットワークの事業に国際金融法を適用できなかったと述べました。

「コンプライアンスはコストセンターでした。基本的に、私たちはお金を吸い出し、持ち帰ることはありませんでした。彼らはコンプライアンスにお金をかけたくありませんでした。」

彼は言いました

CNBCが入手した別の社内文書は、クレードルの主張と一致していました。文書には、不正な暗号プラットフォームを評価するための「フルタイムの個人が3人しかないため、Celsiusのプラットフォームのユーザー数に対して十分なコンプライアンススタッフがいない」と書かれています。

「CEL」トークンについて、元幹部は、同社は「CELトークンを強化」し、「トークンの価格を積極的に取引して値上げしている」と語った。彼は、Cleisusが「価格を操作するために」CELトークンを「絶対に」取引していると付け加えました。

CELトークンの最大の所有者であることに加えて、ブロックチェーンデータ会社Arkhamによるデータは、摂氏も購入者であったことを明らかにしています。

2020年の初めに、トークンの値は上昇し始め、翌年には$8付近のピークに達しました。 7月には、$1未満で取引されていました。

名前のないままでいることを望んでいたセルシウスの別の元従業員は、CEOのアレックスマシンスキーが平均的な投資家にCELを購入するように説得したが、彼は公開せずに密かに販売していたと主張した。数量が非常に少なかったため、CEL価格は大幅に変動します。

特に、元投資マネージャーのジェイソン・ストーンが提起した最近の訴訟も、同社に対する同様の主張を反映しています。

アバター
Parth Dubey 確認済み

DeFi、NFT、メタバースなどで3年以上の経験を持つ暗号ジャーナリスト。Parthは、暗号および金融の世界の主要なメディアアウトレットと協力し、長年にわたってクマとブルの市場を生き延びた後、暗号文化の経験と専門知識を獲得しました。

最新ニュース